コレクション 11

街で見つけた変なものなど! 下から上に向かって更新します。

千葉・茨城計画

  • 撮影日:160903
  • 場所:千葉東部・茨城南部エリア
  • おすすめ度:★★☆☆☆

千葉・房総計画に引き続き青春18きっぷを片手に今度は「チバラギ」方面に...

千葉・茨城 千葉・茨城

成田駅からスタート。成田線の銚子方面には水郷・あやめをイメージした駅名標が設置されています。 そして出発信号機に注目。成田駅から出る路線は銚子・空港・千葉・我孫子の4方向とも全て成田線なので、方向区別のためか地名の略称?と思われる漢字が表示されていました。 我=我孫子、松=松岸でしょうか。

千葉・茨城 千葉・茨城

佐原駅から鹿島線に乗り換え。切り欠き状のゼロ番ホームです。

千葉・茨城

鹿島神宮駅で下車し、鹿嶋市内を移動。道中には市昇格前のカラーコーンがありました。

千葉・茨城 千葉・茨城 千葉・茨城

旧R52のキロポスト。現在は県道に降格されており、おにぎりが隠されていました。

千葉・茨城

R124から神宮の中に入る道路。防災道路とは...?ところで、Google地図ではこの道路が県道になっているのですが、ミスでしょうか。

千葉・茨城 千葉・茨城 千葉・茨城

電車の時間を間違えて足止めを食らってしまったので、素直に神宮にお参りしてきました。 鹿島というだけあって、シカが神の使いとして祀られているのですね。

千葉・茨城

鹿島神宮駅。時代の産物、白ポスト。各地の白ポストをハントされている方もいるようです...?

千葉・茨城 千葉・茨城 千葉・茨城

佐原駅に戻る。時間が余ったので外に出てみました。 伊能忠敬生誕の地として有名です。鹿島線は基本的にゼロ番ホームでの運用のようですね。

千葉・茨城 千葉・茨城

成田まで戻って空港国道を探すために成田空港へ。 いわくつきの地なので、外に出ると警備員が多く配置されており、少し物々しい雰囲気でした。 話を聞いてみると、数年前に地上での(鉄道・道路のゲート経由でない)出入りができるようになったとのこと。

成田市内では、丸囲み数字で主要交差点にナンバーを振っており、国際都市としての工夫が垣間見えます。

千葉・茨城

何を思ったのか我孫子経由で常磐線に乗り石岡へ。これもおにぎりのためでした... 駅に向かう交差点の矢印の形が独特です。

千葉・茨城 千葉・茨城

石岡駅前。二輪の表記ゆれ。2枚は互いにすぐ近くの交差点なのにこの状況...

千葉・房総計画

  • 撮影日:160901
  • 場所:千葉・房総エリア
  • おすすめ度:★★☆☆☆

おにぎり集めに夢中になっていた頃。青春18きっぷを片手に千葉〜内房方面に出かけました。

千葉房総

スタート地点は蘇我駅。千葉市の路上喫煙禁止看板ですが、ゴーストバスターズ??

千葉房総 千葉房総

佐貫町駅付近。予告信号として一灯式の黄色信号がありました。 二枚目は、国道に設置されている信号機。自転車専用(軽車両)とありますが、自転車と軽車両は厳密には異なるのでは...

千葉房総

八幡宿駅付近のバス。「立」のほうの山崎を表示しようとして、文字化けして「・」になってました。 ところで、私もよく「立」の○崎さんとメールでやり取りするんですが、やはり正しい漢字にすべきなんでしょうかね。毎回悩んでます。

千葉房総 千葉房総

千葉駅ロータリー。生け垣に刺さった「通れません」。

千葉房総 千葉房総 千葉房総

千葉駅付近。巻き込み注意のピクトさんは海外の歩行者表示に近いように見えます。

二枚目は原付専用の信号機。一方通行の逆向きはこの表示になるみたいですが、自転車専用だったり軽車両専用だったり、場所によって指定が変わるのでしょうか。

最後は歩道に並べられた自転車の駐車可。標識が白く縁取られていないせいで、どうも標識というか看板という感じがします。

千葉房総 千葉房総 千葉房総

千葉駅前の繁華街にある車両規制。各方向の規制内容を図示した予告標識があるのはいかにも千葉という感じです。 実際に規制箇所に行くと、これでもか、という程度に自動車・二輪の通行を阻む標識が掲示されていました。

千葉房総

場所は変わって最後に東松戸。 二十世紀梨の発祥の地でもあるように、梨の産地となっている松戸市では、梨の病害を防ぐためにイブキの木等の植樹を規制しています(cf: [Wikipedia])。 条例に関する年季の入った看板という点に時代を感じます。

市川・船橋のものたち

  • 撮影日:160827
  • 場所:原木中山〜下総中山・東船橋
  • おすすめ度:★★☆☆☆

友人との遊びの約束前に立ち寄ったもの。 東京メトロ東西線原木中山駅からスタート。

市川・船橋 市川・船橋 市川・船橋

東西線の高架です。なぜかミリ単位で表記されてる... もっとも、実際には4.9mということですが。 狭い路地が多いエリアのためか、2t車以上の通行を防ぐ標識がありました。 市川市オリジナルでしょうか。

市川・船橋

当時建設中の外環道付近。ここでR298のおにぎりを撮りました。

市川・船橋 市川・船橋 市川・船橋 市川・船橋

側道。工事中ということもあり、臨時通路・臨時標識という感じです。 3・4枚目に至っては文字まで...

市川・船橋 市川・船橋

R298を横断して土手のほうへ。先程の2t車標識のきれいなものが立っていました。

市川・船橋 市川・船橋

場所は変わってJR総武線の方向へ移動。途中で川を渡るのですが、名称は「ほどうきょう」。 どうも道路に対する歩道橋をイメージしてしまいます。

また、歩道橋の階段の分だけ道路の幅員が減りますが、設置されていたのは幅員減少ではなく車線数減少...惜しい!

市川・船橋 市川・船橋

駅に近づいてきて、ゾーン30の標識です。 東京ではイラスト入りのものを見かけますが、ゾーン指定標識はオリジナルなものがおおいのでしょうか? なお、電柱のかなり高い位置に掲示されています。

市川・船橋 市川・船橋

総武線をくぐってR14千葉街道付近。中山競馬場付近の街路には、競馬開催日の通行規制標識が多く立っています。 2枚目は... 悲しくも故障中の可変標識。幕が破れてました。